私のはなし나의 이야기

¥ 200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料167円が掛かります。

呉真由美
在日韓国人4世の作者は、ある日義弟から韓国について純粋な質問を受けます。
その時彼女は、嬉しさのような、そんなの知らないというような、複雑な気持ちになり思いがけず涙します。
そして彼女は「自分自身の置いてきた問題」を自覚します。

「なんでわたしは日本生まれなのに韓国人なんだろう。日本人と同じように暮らしてきたのだろうか」。

彼女の体験してきたこまかな生活文化ーーチェサという法事、食卓に出た韓国料理、お正月、通名から本来の苗字になった時、結婚の時のチョゴリ。

最後に彼女は、最初のエピソードで自身が涙した理由に気づき、記しています。

ミシンで丁寧に製本された小さな冊子は、彼女のはなし が 慎ましいながら真っ直ぐにしたためられた手紙のようです。
たくさんの人に読んでほしい一冊。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する